かずのひとりごと

自分で考えて行動したい

落語の魅力について(開演編)

▼なんかちょっと堅苦しい投稿が続いたので、今日はちょっとくだけた話題をば。

▼私は落語が好きだ。

 聞くようになったのは昨年秋頃から。ずっと前に職場の上司が「落語を聞くと話上手になれるよ」と言っていたのをふと思い出したのだ。その真偽は未だによくわからないが。

 かつてはお笑い番組をこよなく愛したが、どうも最近は、そこそこ面白いのだが型にはまってきているというか。ちょっと趣向を変えた笑いが欲しくなった。なんだかんだ言って、たまに何気なく見る笑点はやっぱりすごいと思う。本物は長く続くのだ。であれば、江戸時代から存続する日本の伝統話芸を体験してみようというわけだ。

▼会場に入ると、覚悟はしていたがご高齢の方ばかり…アウェイ感が半端ない。いやいや構うもんか。こういうとき私は「俺は客だ」と自分に言い聞かせ、敢えて堂々と振る舞う。

▼軽妙な出囃子と共に、噺家がおもむろに舞台袖から姿を現す。この時の悠然と歩く噺家から漂う百戦錬磨の風格が、なかなかに粋だ。ちょっと憎いほど格好いい。そして観衆に囲まれる中、広い舞台の真ん中にたった一人ぽつんと座る。その孤立は、逆に強い存在感を放っている。誰も助けてくれない、長時間に及ぶ孤独な闘い。今日はいかにしてこの会場の空気を笑いに変えてくれるのか、期待が高まる瞬間である。

▼ここからマクラが始まる訳だが、きりがなくなりそうなので今日は割愛。また日を改めて投稿したい。