玉彦のブログ

自分で考えて行動したい

「ですます」調?「である」調? ブログの文体について

▼ネット上のブログを改めてざっと見渡してみると、「ですます」調が大半を占めていることに気づく。特に人気ブログの「ですます」調からは、明るさ、親しみやすさ、楽しさを感じる。

▼自分のブログも、せっかくなら多くの人に読んでもらいたい。「ですます」調にした方が良いのではという考えが頭をよぎったが、「である」調を貫くことにする。

▼思えばブログを始めるにあたって「である」調にすることに何の迷いもなく、自然とこうなった。これが私が書きたい文章だということだろう。

▼そう、「私が書きたい文章」。

 例えば、誰にも見せることのない日記の文体は絶対に「ですます」調にはならない。読者を意識して初めて「ですます」調になる。

 まさか読者を無視してブログを書きたくはない。

 できるだけありのままに、自分の思考を表現したい。その思いを込めた「である」調によってこそ、読者に共感してもらえたり、何かを与えることができたならば、書き手としてこれほど幸せなことはないと思う。