読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玉彦のブログ

自分で考えて行動したい

数多の、アクセス数が多くないブログを拝見して心動かされること

▼自分のブログのアクセス数を確認しなくなってもう大分経つ。一体どうなってるんだろう...見たいような、見たくないような(笑)

▼ブログの世界に飛び込んで、普段の実生活では関わる機会がない、実に様々な境遇の方たちの文章に触れ、刺激を受けている。自分で実際にブログを立ち上げ、身をもっていろいろな苦労を経験したからこそ、一つ一つのブログの尊さに気づくことができるようにもなったと思う。元々の私からしたら馴染みが薄いようなブログでも、自身がブロガーとなることで、共感や理解を深められるようになった部分がたくさんある。

 今の私にとっては、アクセス数の多寡はあまり評価の基準にならない。むしろ少ないアクセス数でも日々着々と続けられているブログに対しては、敬意と感謝の念を抱かずにはいられない。そういうブログ一つ一つにこそ強く心を動かされ、励まされる。全てのブログを拝見することができないことをもどかしく思う。

▼私が、なぜアクセス数の多くないブログに魅力を感じるか。それは「その人が書きたい文章を書いている」のが伝わってくるからだろう。

 アクセス数の多いブログというのは、ブロガーが読者との交流を心から楽しんでいるのが伝わってくる。当然、内容は読者を意識したものであり、アクセス数が増えていく。一方、アクセス数の少ないブログというのは、どこか、ブロガーが自身のために書いている部分が見受けられることが多い。

 自分の思考を文章化して整理することだけが目的なら、日記でいいはず。しかし、わざわざブログで公開している以上、誰かと思いを共有したいという気持ちが必ずあるはずなのだ。そんな中で、単なる自分語りに終わらず、自分自身としっかり向き合いながら、考えながら書かれているようなブログ。そのブロガー特有の飾り気のない姿勢は、読者に特別な何かを訴える。そんなありのままの、真っ直ぐな心意気に魅力を感じるのだ。もちろん、多くの人に喜んでもらうことと両立できれば一番だろうが。

▼これからも、いろんなブロガーの方たちと共に心を分かち合い、切磋琢磨していけることを楽しみにしている。

●皆様、今後ともよろしくお願いいたします。今日もお読みいただき、ありがとうございました。