読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玉彦のブログ

自分で考えて行動したい

ブログを書き始めてもうすぐ1ヶ月、これからどうすればいいか。今、考えていること。

▼多くのブロガーのバイブルと言われている「ブログ飯」によれば、ブログを始めて1ヶ月は、アクセス数を確認してはいけないという。どうしても訪れてくれる人が少ないので、モチベーションが下がってしまうとのことだ。

 確かに、過去の記事をご覧いただければわかるとおり、私は何度も確認しては一喜一憂してしまっていた。そして、ここしばらくはずっと確認していないおかげなのか、いいペースで一日一記事を継続することができている。

▼さて、その1ヶ月まで残すところあと1週間を切ったのだが、そこで本当に確認するのか。アクセス数を知ったところで、その結果をブログ運営にどう生かしていくのか、ということをふと考える。別に数字がどうであろうと、このまま自分が面白いと感じる記事を書き続ければいいんじゃないか? という気がしたのだ。

▼いやいや、ちょっと待て。さすがにあまりにも少なければ、人に受け入れられない致命的な不備があるのではと、省みる必要もあるだろう。やはり私は、単なる独りよがりになってしまっては満足できない。ブログを書く限りは、一人でも多くの人に読んでもらえるよう、なおかつ自分ならではの文章で少しでも喜んでもらえるよう日進月歩したい。

▼答えは一つじゃないから好きなようにやる、というのもいいと思う。でも私は困ったことに(笑)、考えてしまう。良いブログとは何か。何のためにブログを書いて、最終的にはどこを目指すのか。ブログをどのように有意義な人生につなげていくのか。

 堅苦しくて、余計な気負いになるかもしれない。でもやっぱりちゃんと考えた方が、結果的には明るく楽しいブログライフにつながると思う。そして、そこまでブログに時間と労力を割けないとなれば、その分しっかりと実生活を優先させるのが至極真っ当な、賢明な選択だろう。

 私も今のところは楽しく続けているが、この先その判断に至ればあっさりやめてしまうかもしれない。どうにも不器用で、良く言えば適度にやる、悪く言えば中途半端にやるというのが性に合わないから。もしそうなったら、楽しく読んでくださっていた皆様、ごめんなさい。

▼こういう「根っこ」の「理念」というのはブログを続けていく上で折に触れて自問自答するべきで、自問自答し過ぎということはないくらい大事だと思う。そして次に、ブログ全体を通して何を伝えたいのか「幹」となる「テーマ」を設定する。

 言わば文字通り「根幹」がしっかりしてこそ、美しく「枝葉」が育つ。

▼今までの私の投稿は「枝葉」であって、結果的にはウォーミングアップにすぎなかったということになるかもしれない。

 そして「根幹」を考えてみたところ、一つの結論に達しつつある。「仕事」だ。やはり私の専門職でしか得られない見識を発信することこそ、自分のためにも読者のためにもなる一番の方法なのではないか。

 自虐ではなく、私は面白味のない人間で、なんとか脱却したいと思っているのだが、人に注目してもらえるような誇れるものをこれと言って持ち合わせていない。でも仕事なら。一般の人たちができない経験で学んだことを書けば、喜んでもらえるかもしれない。

 そうは言っても、私はまだまだ駆け出しで勉強不足の未熟者である。そしてそれなりの責任も伴うので、もうしばらくの間、考えたいと思う。

●それにしても、今、私のブログを訪れてくださっている方々には本当に感謝です。これほどテーマに一貫性がなくて散漫でも、私の文章に共感してもらえていたとしたら本当に嬉しいです。このままざっくばらんに書いていくのもいいなと思います。

●ブログを書き始めて1ヶ月にも満たない分際で大言壮語してしまいましたが、自分でも、早々にあえなく挫折するヘタレに成り下がらないことを願うばかりです(笑)なんか数年後くらいに読み返したら顔が真っ赤になりそうな文章を書いている予感がしつつも、失敗を厭わない果敢な精神で突き進んでいます(笑)

 今日もお読みいただき、ありがとうございました。