かずのひとりごと

自分で考えて行動したい

現時点で感じる、ブログを継続していく上でのジレンマ、葛藤について

▼まずい。本当にまずい。ブログ世界の魅力に心酔してしまいつつある。

 次から次へと、ありとあらゆる思考をもつ人々の文章から刺激を受け、心を奪われているうちに、あっという間に時間が過ぎてしまう。

 当然、自分に必要な情報の選別が必要なことはわかっているのだが、何気なく1つのリンクをクリックしようものなら、次のリンク、次のリンクへと引き込まれていってしまう。

▼いわゆる「ネット依存症」?  今やインターネットは人々の生活からは切っても切れない関係にあるし、長時間ネットに向き合うことも普通になりつつある。余程、日常生活や社会活動を犠牲にするようなことのない限りは、別に問題はないという見方もあろう。

 ただ、往々にして物事の善し悪しは表裏一体である。いつでもどこでも手軽に情報を得ることができるインターネット。我々に多大なる恩恵をもたらしてくれる反面、その弊害というものも、感じずにはいられないのだ。依存症状を無自覚に進行させてしまうことのないよう、その弊害を意識しておくことが大事だと思うのだ。

 それについての考えは、とても今日一日の記事だけでは語り尽くせるものではないので、これから折に触れて書き記していければと思う。

▼こんな投稿をしたのは、最近本当にありがたいことに、私が書いた文章に対してスターをいただいたり、読者登録をしていただいたりしていることがきっかけである。着実に、自分に共感を示してくださる人が増えている。本当に嬉しくて、舞い上がってしまうような心境になる。

 改めて、私は文章を書くのが好きなのだなと実感する。書いているとつい時間を忘れてしまう。良い文章のために時間をかけて考えることがほとんど苦にならず、むしろ楽しいと感じる。その割には稚拙な文章かもしれないが…。

▼しかしその一方で今悩み始めているのは、自分の文章と、読者に喜んでもらう文章とで、どう折り合いをつけるかということだ。その葛藤、ジレンマを解消するにはどうすればいいか。

 この先、実に様々な価値観をもった読者の方たちに貴重な時間を割いて読んでもらうからには、どうしてもいい加減な文章は書けないという責任を感じる。かと言って、全ての読者に満足してもらう文章を書き続けるなど到底無理な話だ。

▼そこで、

ブログを書き始めてもうすぐ1ヶ月、これからどうすればいいか。今、考えていること。 - たまひこのブログ

この記事で書いた「根幹」に立ち返ることになる。私のブログに対するスタンス、指針をそろそろ鮮明にした方が良いと思っている。すなわち「自己紹介」や、このブログ全体を通して何を伝えたいのかという「テーマ紹介」のページを作りたいと思う。

▼ただ、年度末で何かと慌ただしいこともあり、もうしばし先になると思われる。それまでは、こういう自問自答の記録が続くかもしれない。投稿が滞ることもあるかもしれない。我ながら書いていてあまりの小難しさと回りくどさにじれったくなり読者の皆様にも心苦しいのだが、いずれこの暗中模索から抜け出して明朗快活なブログに変貌を遂げたいと思う(実現の可能性はさておき)。

●アクセスしてくださっている皆様には、それまでどうか見放さず、経過を眺めていただければ幸いです、と我がままになってみます(笑)

 今日もお読みいただき、ありがとうございました。