かずのひとりごと

自分で考えて行動したい

【急告】真の国士、青山繁晴さんが参議院選挙に出馬! 今こそ、私たち国民一人ひとりが立ち上がる時

shiaoyama.com

www.sankei.com

www.sankei.com

www.sankei.com

▼上記リンク先で、青山繁晴さんの重大な決意とメッセージが表明されています。どうかご覧下さい。

▼一報を聞いた時、私は心の底から驚くと同時に、何とも切ない、いたたまれない気持ちになりました。

▼私は大学時代、自分の人生とは何なのか、その答えがわからず、悩みに悩み抜きました。

 親から離れて、初めての一人暮らし。幸いなことに、生活していくのには十分な仕送りをもらっていました。親に感謝し、節約をしながらではありましたが、完全に自由な身となり、好きな時に好きなことをできる学生生活を満喫していました。

 ところが、1年目の教養課程を修了し、2年目の専門課程に入った時、勉強がまったく面白くなくなっていました。ただ単位をとって、卒業して、将来職につくためだけの勉強。自分が本当にやりたいことはこれなのか? 自分は本当にこの仕事につくのか?

 何の束縛もなく、美味しいものを食べて、遊んで、寝る。それだけの生活では、むなしくなる。憧れの女性を、そして家族を守り、幸せにできるような人間になりたい。そのためには、世のため人のためになる人間になりたいと考えていました。

 ところが、正しいことが正しいと認められず、偽善ばかりがもてはやされる世の中。自分が思う正義・真実を追求しようとすればするほど、孤独になり、息苦しくなってくる。その現実に絶望し、部活もやめ、学校を休んで引きこもるようになりました。

▼留年の末、耐え難い苦痛に耐えながら学校に身体を運び、間一髪で一つ一つ単位をとり、命からがらのような思いで進級していくような学生生活でした。劣等感の塊となり、周囲の人と関わるのが嫌になり、授業が終われば自宅に逃げ帰り、インターネットの世界に没頭していました。どこへ向かえばいいのかわからないままで、孤独だった自分を救ってくれたのが、青山繁晴さんでした。

 他の追随を許さない、最前線の貴重な情報発信。類例のないほどの膨大な知識と、どこまでも深遠なる思考。どんなに理不尽な、過酷な状況にも屈することなく、終始一貫して国を思い、全身全霊で奮闘を続ける姿…。

 心から尊敬し、感銘を受けながら、生きる勇気と希望をいただいています。そして「一緒に考えましょう」の呼びかけに従って、今に至るまで、インターネットでの番組を通して、未熟な私なりに一緒に考えることを続けています。もはや、感謝の言葉しかありません。

▼青山さんは常日頃から、政治家にはならないとの意思を鮮明にされていました。自分を売り込むことはしたくない。どんな組織にも属さず、完全に自由で公平な立場から貢献するという信念から、民間シンクタンク独立総合研究所を設立し、社長として国のために粉骨砕身の尽力をされてきました。その青山さんが、社長を辞してまで、「自分の人生を壊す」と公言してまで、全てを投げうって政治家に転身するというのです。筆舌に尽くし難い、重大な決意と覚悟を感じずにいられません。

 青山さんは、いま国難であると言います。みんなが、いまを国難としっかり捉え直すことが再出発ではないかと呼びかけています。

 いまの日本を変えるためには、自らの人生を壊さざるを得ないと考えたと言います。私は一人の国民として、その決断を断固支持・応援すると同時に、尊敬する人がこれほどまでに追い込まれてしまったことを苦しく、やるせなく思います。そして、日本の現状を憂い、嘆かずにいられません。

▼今回の立候補にあたっては、安倍総理大臣から直接、電話での打診があり、重く受け止めたといいます。私は、これほど国政に身を捧げる覚悟をもった、選ばれるにふさわしい候補者は他にいないと考えます。

 ところが、現時点でこの重大ニュースを報じているのは、相変わらずなことに、ごく一部のメディアにとどまっています。元芸能人や元スポーツ選手の立候補は噂だけでも大々的に取り上げられるというのに。もういい加減、我々国民は目を覚まさなければなりません。メディアに踊らされて、知名度で舛添都知事が生まれてしまうような世の中は終わりにしなければなりません。

▼選挙公示期間中は、ただでさえメディアから敬遠されている状況の中で、レギュラーの番組参加もなくなることになります。その上、青山さんは古巣の共同通信の退職金を選挙資金とし、1円の献金も受け取らず、支持団体もない中で選挙に臨むとしています。

▼青山さんが公人となろうとしている今、いよいよ、我々国民の出番ではないでしょうか。一人ひとりが目を覚まし、立ち上がり、本当の政治家を選ぶ時ではないでしょうか。

 青山さんは、自民党の全国比例から出馬します。しかし、自民党のために政治家になるのではありません。志を貫き、自民党をはじめとする日本の政治を変えるために身を投じようとしています。みなさん、今度の選挙の比例の投票用紙には「自民党」ではなく「青山繁晴」と書きませんか。