読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玉彦のブログ

自分で考えて行動したい

ブログを書いて、ふと、己の言葉の非力を思う。

▼青山さんの投稿をした直後から、驚くほどたくさんのアクセスがあり、今まで書いてきた記事が吹き飛んでしまったかのようだ。自分はこの投稿をするためにブログを続けてきたのではないか? そんな気すらした。

▼素直に嬉しかったのだが、一方でふと、己の言葉の非力を思った。いったい私の文章は、アクセスしてくださった人の心をどれだけ動かすことができたのだろう?

 多くの人の心を、少しだけ動かせただろうか。

 それとも一人であっても、意味のある何かを与えることができただろうか。

 インターネットの向こう側の人たちの心の中は、わかりようがない。相手と顔を合わせて、目を見て言葉を交わして初めて、わかるかもしれないというぐらいなのだから。

▼それにアクセスが集まったとは言っても、所詮、日本の有権者の数を考えればほんのわずかな、微々たる数でしかない。湖に向かって小石を投げた程度の波しか起こしていない。今の私では、尊敬する人の力になりたくて言葉を尽くしても、この程度なのだ。

▼実生活においてすら、私の吐く言葉はどれだけ相手に伝わっているか。そもそも私は、どれだけ伝えようとしているだろうか。

 話すことができない自分を、嘆くばかり。

 このままではいけない。何かが足りない。

 人の心に届く言葉を探し続けたい。