玉彦のブログ

自分で考えて行動したい

天皇陛下が「生前退位」のご意向を示される。私が考える、日本国民にとっての天皇陛下のご存在とは。

▼まずこの一報を聞いたときに思ったことは、天皇陛下がこれまでの間、日本国民の幸せのために祈りを捧げてくださったことへの心からの感謝でした。そして、天皇陛下と共に生きた平成の時代が終わりを迎えることへの、言いようのない寂しさがありました。

▼日本国民にとっての天皇陛下のご存在とは何か。このあまりにも重い問題について語ることは畏れ多く憚られるのですが、語れないのは恥ずべきことであると感じました。ところが恥ずかしながら私は、学生時代に小林よしのりさんの著書である「天皇論」を読んだ以外に、天皇陛下についてほとんど学んだことがないのです。

 日本にとって最も崇高で尊いご存在であるはずなのに、一体なぜ? 考えてみれば学校でも、憲法で「日本国、日本国民統合の象徴」とされているということの他に、詳しく教わった記憶が私にはないのです。そして、敢えて不躾を承知でありのままに言ってしまえば、多くの人が、天皇陛下について、必ずしも学ばずとも生活していけるという認識になってしまっているのが、今の日本の現状ではないでしょうか。

▼不勉強を承知の上で私の考えを述べるならば、日本国民にとっての天皇陛下のご存在の意味というものは、理屈で語るよりも、まず日本人一人ひとりが感じ取るものだと思います。さらに、日本人であれば、誰もが自然に感じ取れるものだと思います。その上で、これからも万世一系の皇統を守り続けるため、学び、考えていかなければなりません。

▼私は、このブログを始めたころから最近まで、なるべくは政治や社会のテーマに触れたくないと考えていました。

tamahiko.hatenablog.jp

 しかし、いまの日本を知れば知るほど、重大な危機感が募る一方です。不気味な、巨大な黒い影が忍び寄り、人知れずゆっくりと、しかし確実に浸透し、広がろうとしているのを感じています。政治・社会を覆う影や、天皇陛下までをも語れなくしてしまう影…。日本人であれば皆で共有できる問題に対して、微力であってもできる限りの行動をしたい、そう考えるようになってきました。そのために、もっともっと勉強したい。そして、自分の信じるところを書き続け、訪れてくださる皆様と一緒に考えていければと思っています。