かずのひとりごと

自分で考えて行動したい

流行語大賞トップ10に「保育園落ちた日本死ね」選考の愚

f:id:tk39:20161201222207p:plain

                                       http://singo.jiyu.co.jp

▼毎年恒例の流行語大賞、今年は「神ってる」

 個人的には、全国的に幅広い年齢層に浸透した言葉として「ポケモンGO」が第一候補でした。しかしこの軽妙なフレーズで、多くの人が広島の勢いにあやかり明るい笑顔になることができました。これもまた良しかな、と思います。

▼しかし一方で、私がどうしても納得できない言葉がトップ10に選ばれていました。ここ最近、不自然な選考続きに疑問を感じる人も増えてきているのではないでしょうか。昨年も政治色が強すぎるという批判が上がったばかりですが、今年も選考委員の歪んだ価値観に基づいた、意図的な選考があったとしか思えません。

「保育園落ちた日本死ね…これ、周りで言っている人いましたか?

 保育園が足りていないことは確かに問題ですが、日本死ねという言い方には共感できないという人が圧倒的多数だったのではないでしょうか。「流行した」と感じる人などほとんどいないでしょう。

 このブログで再三、重大な危機として訴えてきている現代世界のグローバル化。その中にあってマスコミがこぞって取り上げたことで問題視されただけではないでしょうか。

 そもそも、自分が住んでいる地域の自治体に抗議をするのならわかりますが、なぜ「日本」と国全体に憎しみを向けるのか。そのうえ「死ね」というのはつまりは滅亡しろということ。様々な考え・立場の人が、憎しみ合うのではなく話し合って、いろんな問題を乗り越えながら受け継がれてきた国。国という共通の土台があってこそ、国民は争うことなく、支え合いながら生活を営むことができます。そんな、私たちにとってかけがえのない日本国に対して「死ね」とは。それに対して賞を与えるとは。

 保育園不足に不満をもつ人にとっては、一時的には満足かもしれません。でも、自分の国を貶める先に、幸せな社会・世界は絶対にありません。

▼国境のない、グローバルな世界に平和はないということが徐々に明らかになり、イギリスではEU離脱が決断され、アメリカではトランプ大統領が誕生しました。

 国民として、自分の国を愛する心なくして、平和はありません。