玉彦のブログ

自分で考えて行動したい

もはやテレビは情報操作機関だ! 都知事選、桜井誠さんの選挙ポスターにモザイク。

www.buzznews.jp

▼もしかして、認知症なんじゃないの…? ネットから漏れ出てくる頓珍漢な発言の数々から、冗談のようで冗談じゃない心配をされる鳥越俊太郎さん。しかし、どうもマスコミは鳥越さんを応援したいようです。

▼日頃からテレビの腐敗ぶりには辟易しているところでありますが、ついにここまで来たかと愕然とするような思いです。メディアは結託し、こんなとんでもない仕打ちすらなかったことにされてしまうのでしょうか。いったいどこまで、偏向・歪曲・捏造報道が進行していくのか…。

 明らかな選挙妨害ですが、これでも多くの視聴者には気づかれない。少数が抗議の声を上げても抹殺されてしまう。これはもう、情報統制の域にまできているぞ…。アナウンサーはいつものように何食わぬ顔。淡々と、平然と、こんな作為的な世論操作が行われていることにただならぬ恐怖と不気味さを感じます。

▼この一件くらいは大目に見よう、などと思ってはいけません。これは、テレビの醜悪な報道姿勢のほんの一端が垣間見えたに過ぎない。都合の悪い情報は扱いを小さくしたり、特定の利権の意向に沿ったコメンテーターしか出演させなかったり、BGMやカメラアングルや、映像の切り貼りといった編集を駆使して巧妙に印象操作をしたりと、もうやりたい放題です。インターネットで知れば知るほど、そのおぞましい実態には驚きを禁じ得ないほどであり、マスコミは日本の癌であると言っても過言ではありません。そして、マスコミに取り上げられるような影響力をもつ人間ほど、表立ってこのようなマスコミ批判ができません。今こそネットを活用して、我々一般の国民が目を覚まし、立ち上がる時!